LED蛍光灯の価格は、実は大変安くお買い得

LED蛍光灯は、現在、価格が安くなってきているといっても、まだまだ高価な商品です。先日ホームセンターに行ったときは、従来の洋風ペンダントの6帖用が、3000円位で販売されていたのに比べ、LED蛍光灯の照明器具で、一番安い6帖用の照明器具で、9980円で販売されていました。この価格は、一見高価に思いますが、後々のことを考えると、安い買い物なのかもしれません。なぜならば、LED照明は、従来の照明器具と比べて、消費電力が少なく、経済的で長寿命だからです。


LED蛍光灯は従来の白熱電球や蛍光灯と比べて、電気消費量や寿命の点で格段に進歩していまして、これまで寿命が長いとされてきた蛍光灯の平均寿命が8000から10000時間でしたが、LED照明の寿命は、約10万時間と格段に進歩しています。この電球自体の寿命が、蛍光灯の約10倍ということは、安い蛍光灯で、1つ500円を10本必要と考えると、LED照明器具が、9800円で販売されていることは、LED照明器具は高価なものではないと思います。


また、蛍光灯は、安定した輝きを保つために、安定器が必要でして、例えば、40ワットの蛍光灯でも、安定期の消費電力を加えると、実質消費電力が50ワットくらいになります。その点、LED蛍光灯は、安定器内蔵タイプなら、その半分の25ワットと電力消費をかなり低く抑えることができます。従来の蛍光灯の約10倍の長寿命と、従来の蛍光灯の約半分の電力消費量であるという点を考えますと、LED蛍光灯の9980円という価格は、大変安いと思います。

PAGE TOP