種類が多彩なLED照明の比較

これまで使用されきた白熱電球に変わり、LED照明を使用することが広がりを見せています。電力に対する関心も広がっているために、消費電力の少ないLED照明は、将来に向けても実用的な優れた開発と言えます。従来型の白熱電球と比較すると、消費電力に関しては、選択する電球にもよりますが、6分の1とも10分の1とも言われています。また、寿命の比較でもLED照明は高寿命とされており、衝撃にも強いことが利点ともされています。

現在では、信号機や各種サイン、看板、電化製品の点灯用パーツ、テレビのバックライトなどにも幅広く活用されており、省エネに関しては大きな活躍を遂げています。家庭用の照明においても、蛍光灯や白熱電球を交換する方も増加しています。家庭用の照明ライトでの使用では、本来の規格であるワット数を下回るものであれば、基本的に自由に交換することが可能です。例えば60ワットを上限としている照明器具には、それ以下のワット数の電球ならば取り付けができるので、実質上LED照明への交換は問題がありません。

開発当初のLED照明では、白熱電球と比較して、同程度の明るさを維持することができるというタイプであっても、実際には、電球の真下を照らすことには優れていましたが、その周囲への照射では若干性能が劣ることがありました。しかし現在では、各メーカーの研究によって、光の広がりに優れた商品が開発されています。価格に関しても、開発当初では割高な商品となっていましたが、今ではお求めやすい価格へと推移しています。そして、一般的な電球型から、小型なものなど口金に関しても種類が豊富にラインアップされています。

PAGE TOP