LED照明を比較する

LEDとはLight emitting diodeの略称であり、発光ダイオードと呼ばれています。長寿命で高輝度である光源であるため信号や家電の表示ランプなどで使用されています。LED照明は即時点灯性が非常に良い照明です。即時点灯性とは照明が点灯するまでの時間のことです。即時点灯性が良ければとても便利である。蛍光灯電球では点灯した瞬間は70パーセント程度の点灯状態であり数秒後に100パーセントとなります。


この蛍光灯と比較してみる。蛍光灯電球は点灯した瞬間は70パーセントの点灯状態であるが、LED蛍光灯では点灯した瞬間に100パーセント点灯になる。30パーセントもの違いがあるのです。さらに蛍光灯電球ではオン、オフをするごとにエミッタが消耗をしてしまい寿命が約1時間ずつ短くなってしまいますが、LED照明の場合はオン、オフを頻繁にしても寿命には影響がありません。このことを比較するとLED照明の方が使えると思います。


もうひとつメリットがあります。さきほども例に挙げたように寿命が非常に長いという点であるが、白熱電球や蛍光灯電球と比較してみると、白熱電球の40倍、蛍光灯電球の4倍から5倍の40000時間まで点灯を維持することが可能であり、頻繁に取り外しなどのメンテナンスが不要なため、高い場所に設置しても維持管理費用などの経費を抑えることもできるので白熱電球や蛍光灯電球などと比べるととても理想的なものであると思います。

PAGE TOP