LED蛍光灯の価格も下がってきているので購入の検討を始めました

数年前からLEDの照明が生活場面でも使われるようになってきました。電力不足や節電運動も普及を後押しています。わたしもLED照明には非常に関心を持っていましたがLED電球の発売当初は一つのLED電球の価格が5千円以上もしていましたのでとても家庭用品としては使えるような代物ではなく価格が下がるのも待っていました。それで去年の年末から現在までに千円を切るLED電球を店頭で見るようになりました。500円程度で売っている商品もあります。

それで私もいよいよ自宅をLED化しようと思い少しずつ増やしているところです。まず手始めに一階の廊下の部分の電球を白熱球からLEDに取り換えました。これで一晩中明かりをつけていても電気代はほとんどかかりませんので夜中にトイレに行く時も安心になりました。それから立て続けに洗面所、トイレ、階段、二階の廊下、屋外灯の電球もLEDに交換しました。LEDは白熱球や蛍光灯に比べて暗いと言われていますが、我が家ではそこまで違和感は感じていません。

そしていよいよシーリングライトもLED蛍光灯を検討し始めたところです。家庭用のLED蛍光灯は昨年までは2万円から3万円程度の価格だったため購入意欲は全くなかったのですが今年に入って1万円代前半の価格帯のLED蛍光灯がホームセンターで売っているのを見るようになりましたので興味を持っています。電球タイプよりもシーリングライトの方が長時間使用しますのでLED蛍光灯に交換することで電気代の節約も期待できると思います。

PAGE TOP