LED照明と他の照明の比較

LED照明の特徴として、一般的にいわれているのが、長寿命・高発光効率、低消費電力・低発熱性、耐衝撃性、小型・点光源、高速応答性等です。これらは長所といえますが、逆に短所としては、高価格、熱に弱い事等があげられます。また、LED素子自体は直流低電圧駆動の為、100V交流の商用電源で使用するには、基本的に専用の電源回路が必要となってきます。それぞれの特徴を細かく見ていくと、まず長寿命に関しては、白熱電球と比較して、約20から60倍となります。


蛍光灯と比較しても2倍から6倍となります。但しLED照明の場合は設置場所によっては期待寿命を大きく下回る事があります。長寿命はコストに直結するので、高価な初期費用も結果的に取り戻す事が出来ます。発光効率に関しては、技術開発が著しい為、どんどんと高効率のLED照明が開発されています。頭打ちの感のある他の照明と比較して、確実にアドバンテージがあります。低消費電力に関しては近年のエコブームから周知の事かと思いますが、発光効率の進歩と伴にお得になっていきます。


耐衝撃性は構造上、真空やフィラメントを必要としない事が要因です。応答性は体感で分かると思います。但し高速度で明滅してはいますが、機械的な録画では問題になる事もあります。ちらつきとよばれるものです。多くのメリットから、導入を進めている企業や家庭も多いのですが、節電による減価償却が約2年といわれておりこれからの技術進歩でどこまで期間が短くなるかもポイントです。まだ導入していない企業・家庭では、導入時期の見極めが重要と言えるでしょう。

PAGE TOP