LED蛍光灯は価格低下によって普及

LED蛍光灯の普及が徐々に進みつつある。導入にあたっての初期費用は従来の蛍光灯よりも価格が高額な場合も多いが、一度導入すれば従来の蛍光灯よりも電気代がかからず、しかも長持ちするのがLED蛍光灯の特徴である。当初は普及のスピードがやや鈍かった感もあるが、最近の家電量販店など店頭での動向を見るに、最近になってよやく普及が進んできているように思われる。では、なぜ今LED蛍光灯の普及が進んでいるのだろうか。


その理由のひとつは、近年の日本社会に浸透する、節電や省エネの動きだろう。以前より、地球温暖化を食い止めるための温室効果ガスの排出を抑制するために、省エネや節電は叫ばれていた。しかし、2011年3月に発生した東日本大震災により、省エネや節電に対する国民的な意識はそれまでと比較にならないほど高まった。そのような意識の高まりを受けて、家電店の店頭でも省エネ性の高い商品を大々的に販売するようになり、家庭用の照明としてLED蛍光灯が選ばれるようになってきているという現状がある。


もうひとつの理由としてあげられるのは、普及の前提となる価格の低下である。LED電球やLED蛍光灯は、出始めの頃は数万円するものもあるなど非常に高額であり、多くの消費者は商品自体には関心はあるものの、価格の面で手が出せないという状況であった。しかし、近年はLED蛍光灯の価格は2000円から4000円程度のものも存在するなど、非常に下がってきている。それが省エネの意識の高まりや、店頭での大々的な省エネ商品の販促との相乗効果により、普及が加速してきたと考えるのが妥当であろう。今後も社会全体で省エネの流れが続くのは間違いなく、それに伴ってLED蛍光灯はさらに普及が進む可能性がある。

PAGE TOP