LED蛍光灯と通常蛍光灯の比較

大震災以来、節電意識というものが強まってきました。それは電力供給が不足しているために少しでも消費電力を削ろうという意識が強まっているからです。そこで注目されているのがLEDを使った照明器具です。しかしLEDを使ったものは価格が高くなりがちなのが現状です。そこで普通の蛍光灯とLED蛍光灯の価格を比較、そしてメリットデメリットを述べていきます。普通の蛍光灯とLED蛍光灯価格は一般的な価格の平均値を並べていきます。

まずは通常の蛍光灯について。従来型の蛍光灯ですが、市場に多く出回っていることもありその値段はかなり抑え目であることがわかります。大手企業が出している蛍光灯の値段はほとんどのものが1000円を切っています。最安値で1本400円程度で購入できてしまいます。従来の蛍光灯のメリットとしては導入コストが非常に安く済むということです。1本400円程度で屋内の証明が賄えるのですから非常に安価で導入することが可能ですが、その分消費電力が高いため電気代がやや高くなりがちというデメリットがあります。

次にLED蛍光灯についてです。こちらの価格はだいたい2000円から3000円、高いもので5000円というものもありました。従来の蛍光灯と比べて10倍近くのコストがかかるというデメリットがありますが、従来の蛍光灯と比べると消費電力を低く抑えられるため、結果として節電や電気代の節約に繋がります。但し悪質な企業のものでは従来のものと消費電力が変わらないというものがありますのでよく調べて購入する必要があります。長い目で見れば電気代を抑えられることによってこちらのほうが家計を圧迫しないで済むというメリットがあります。

PAGE TOP