LED蛍光灯と通常蛍光灯の比較

大震災以来、節電意識というものが強まってきました。それは電力供給が不足しているために少しでも消費電力を削ろうという意識が強まっているからです。そこで注目されているのがLEDを使った照明器具です。しかしLEDを使ったものは価格が高くなりがちなのが現状です。そこで普通の蛍光灯とLED蛍光灯の価格を比較、そしてメリットデメリットを述べていきます。普通の蛍光灯とLED蛍光灯価格は一般的な価格の平均値を並べていきます。

まずは通常の蛍光灯について。従来型の蛍光灯ですが、市場に多く出回っていることもありその値段はかなり抑え目であることがわかります。大手企業が出している蛍光灯の値段はほとんどのものが1000円を切っています。最安値で1本400円程度で購入できてしまいます。従来の蛍光灯のメリットとしては導入コストが非常に安く済むということです。1本400円程度で屋内の証明が賄えるのですから非常に安価で導入することが可能ですが、その分消費電力が高いため電気代がやや高くなりがちというデメリットがあります。

次にLED蛍光灯についてです。こちらの価格はだいたい2000円から3000円、高いもので5000円というものもありました。従来の蛍光灯と比べて10倍近くのコストがかかるというデメリットがありますが、従来の蛍光灯と比べると消費電力を低く抑えられるため、結果として節電や電気代の節約に繋がります。但し悪質な企業のものでは従来のものと消費電力が変わらないというものがありますのでよく調べて購入する必要があります。長い目で見れば電気代を抑えられることによってこちらのほうが家計を圧迫しないで済むというメリットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - LED蛍光灯と通常蛍光灯の比較
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

種類が多彩なLED照明の比較

これまで使用されきた白熱電球に変わり、LED照明を使用することが広がりを見せています。電力に対する関心も広がっているために、消費電力の少ないLED照明は、将来に向けても実用的な優れた開発と言えます。従来型の白熱電球と比較すると、消費電力に関しては、選択する電球にもよりますが、6分の1とも10分の1とも言われています。また、寿命の比較でもLED照明は高寿命とされており、衝撃にも強いことが利点ともされています。

現在では、信号機や各種サイン、看板、電化製品の点灯用パーツ、テレビのバックライトなどにも幅広く活用されており、省エネに関しては大きな活躍を遂げています。家庭用の照明においても、蛍光灯や白熱電球を交換する方も増加しています。家庭用の照明ライトでの使用では、本来の規格であるワット数を下回るものであれば、基本的に自由に交換することが可能です。例えば60ワットを上限としている照明器具には、それ以下のワット数の電球ならば取り付けができるので、実質上LED照明への交換は問題がありません。

開発当初のLED照明では、白熱電球と比較して、同程度の明るさを維持することができるというタイプであっても、実際には、電球の真下を照らすことには優れていましたが、その周囲への照射では若干性能が劣ることがありました。しかし現在では、各メーカーの研究によって、光の広がりに優れた商品が開発されています。価格に関しても、開発当初では割高な商品となっていましたが、今ではお求めやすい価格へと推移しています。そして、一般的な電球型から、小型なものなど口金に関しても種類が豊富にラインアップされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 種類が多彩なLED照明の比較
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

LED蛍光灯の価格も下がってきているので購入の検討を始めました

数年前からLEDの照明が生活場面でも使われるようになってきました。電力不足や節電運動も普及を後押しています。わたしもLED照明には非常に関心を持っていましたがLED電球の発売当初は一つのLED電球の価格が5千円以上もしていましたのでとても家庭用品としては使えるような代物ではなく価格が下がるのも待っていました。それで去年の年末から現在までに千円を切るLED電球を店頭で見るようになりました。500円程度で売っている商品もあります。

それで私もいよいよ自宅をLED化しようと思い少しずつ増やしているところです。まず手始めに一階の廊下の部分の電球を白熱球からLEDに取り換えました。これで一晩中明かりをつけていても電気代はほとんどかかりませんので夜中にトイレに行く時も安心になりました。それから立て続けに洗面所、トイレ、階段、二階の廊下、屋外灯の電球もLEDに交換しました。LEDは白熱球や蛍光灯に比べて暗いと言われていますが、我が家ではそこまで違和感は感じていません。

そしていよいよシーリングライトもLED蛍光灯を検討し始めたところです。家庭用のLED蛍光灯は昨年までは2万円から3万円程度の価格だったため購入意欲は全くなかったのですが今年に入って1万円代前半の価格帯のLED蛍光灯がホームセンターで売っているのを見るようになりましたので興味を持っています。電球タイプよりもシーリングライトの方が長時間使用しますのでLED蛍光灯に交換することで電気代の節約も期待できると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - LED蛍光灯の価格も下がってきているので購入の検討を始めました
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

LED照明を比較する

LEDとはLight emitting diodeの略称であり、発光ダイオードと呼ばれています。長寿命で高輝度である光源であるため信号や家電の表示ランプなどで使用されています。LED照明は即時点灯性が非常に良い照明です。即時点灯性とは照明が点灯するまでの時間のことです。即時点灯性が良ければとても便利である。蛍光灯電球では点灯した瞬間は70パーセント程度の点灯状態であり数秒後に100パーセントとなります。


この蛍光灯と比較してみる。蛍光灯電球は点灯した瞬間は70パーセントの点灯状態であるが、LED蛍光灯では点灯した瞬間に100パーセント点灯になる。30パーセントもの違いがあるのです。さらに蛍光灯電球ではオン、オフをするごとにエミッタが消耗をしてしまい寿命が約1時間ずつ短くなってしまいますが、LED照明の場合はオン、オフを頻繁にしても寿命には影響がありません。このことを比較するとLED照明の方が使えると思います。


もうひとつメリットがあります。さきほども例に挙げたように寿命が非常に長いという点であるが、白熱電球や蛍光灯電球と比較してみると、白熱電球の40倍、蛍光灯電球の4倍から5倍の40000時間まで点灯を維持することが可能であり、頻繁に取り外しなどのメンテナンスが不要なため、高い場所に設置しても維持管理費用などの経費を抑えることもできるので白熱電球や蛍光灯電球などと比べるととても理想的なものであると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - LED照明を比較する
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

量産効果によるLED蛍光灯の価格低下と拡大のプラスのスパイラル

省エネ、計画停電の昨今、次世代のあらたな光源としてLED照明、とりわけ、LED蛍光灯が注目されている。消費電力が低く、二酸化炭素削減、高耐久性という環境と省エネを兼ね備えたLED蛍光灯は、次世代の生活を明るく照らし出している。白熱電球が、発明されてから130年あまり、発光ダイオードと呼ばれるLED照明が、あたらしく主役の座をうかがっているが、それには、化合物半導体という特殊なハイテク材料を使うこともあり、価格の問題がある。


価格の問題は、これからも需要がどんどん広がり、生産が増えることによる量産効果で下がっていくので、さほど懸念する必要なないであろう。量産効果で製造コストもどんどん下がり、販売価格が下がることで、さらに需要が増大するというプラスのスパイラルが期待されるからだ。したがって、初期投資の回収期間も短くなりことで、急速に、LED照明の時代を迎えるだろう。その意味で、昨年の東日本大震災後に計画停電が検討されていたころ、大手コンビニチェーン店が、全国の店舗の照明をLED聡明に切り替えるという発表は、時宜を得た宣言で、インパクトの大きいものであった


LED蛍光灯には、多くのメリットがある。従来のように水銀や鉛を使用しないため環境性能にも優れ、LED蛍光灯の外装は難燃性のポリカーボネイトを使用し破損の心配がない。また、従来蛍光灯のような紫外線や赤外線が殆ど発生せず、空調効率にも寄与し、近接照明による商品劣化焼けもない。紫外線を含まないという点では、人体に優しいだけでなく、虫が寄り付かないという防虫効果もあり、衛生面でもメリットがある。このように、環境面でも衛生面でも、人に優しいLED蛍光灯である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 量産効果によるLED蛍光灯の価格低下と拡大のプラスのスパイラル
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]